複数のキャンパスをつなぐ、 1つの翻訳チーム

慶應義塾大学の事務文書翻訳チーム「Keio Translation」(愛称「Kトラ」)は、どのキャンパスからも共通の画面を通じて翻訳を受注、進捗を管理し、日英用語集を構築する「Honyaku Cloud」システムを利用。Honyaku Cloudによって、慶應義塾大学は、翻訳依頼の一元化、翻訳時間の削減と質の向上、キャンパス間の情報共有の強化を実現しました。

完全日英ミラーサイトへ

十和田市現代美術館は、インバウンド対策としてウェブサイトを改修するにあたり、全面英語化とミラーサイトの徹底を決めていました。ところが、館内には担当がなく、明確な翻訳体制は確立されていませんでした。「Honyaku Cloud」の導入により日英翻訳の依頼や修正作業の効率が上がり、納品速度も早くなり、リニューアルから1年以上経った今も弊社が完全なる日英ミラーサイトの管理・維持を継続しています。